めっちやカンタン・めっちゃはやい!GMOフリーランスファクタリングの使い方

 

『GMOフリーランスファクタリング』は、入金待ちの請求書を売却して今すぐ現金化できるサービスです。

借入ではないため、信用情報機関への照会や登録の必要はありません。もちろん、担保や保証人も不要。

取引先に請求書の売却が知られることもなく、個人事業主・法人を問わず利用いただけます。

初めて『GMOフリーランスファクタリング』を利用する方向けに、使い方を画像付きでわかりやすく解説します。

 

GMOフリーランスファクタリングのトップページから、「買取申し込み」をクリック。

 

 1:フォーム記入(申込者情報)

申し込みフォームに進んだら、氏名・メールアドレス・電話番号、請求書買取額が入金される振込先口座などの情報を入力します。

 

 2:フォーム記入(業務情報)

次は業務について入力します。あなたのお仕事内容が確認できるSNSアカウントやウェブサイトのURL等をご記入ください。

※ お仕事に関する多くの情報をご記入いただくと審査がスムーズに進みます。

 

 3:フォーム記入(請求書情報)

「請求書の額面」は、消費税・源泉徴収等がある場合は、それも含めた金額を記載してください。1万円以上から設定可能で、上限は一律に定めていません。

請求書額面全額に限らず、一部金額のみを現金化することもできますので、「現金化したい額」に希望する金額を記載してください。

それらを記入したら、請求書のデータをアップロードします。

(ファイル形式は.jpg, .jpeg, .png, .gif, .pdf、ファイルサイズ:10MB 以下

 

すべて入力すると確認画面が表示されますので、問題なければ「次のページへ」をクリックします。

 

 4:取引内容の確認

今回の買取金額や振込予定日などが表示されますので、内容を確認してください。買取金額は、先ほどの「現金化したい金額」から手数料が差し引かれた金額になっています。手数料は一律9.5%です。

※例:今回は「現金化したい金額」を33,000円にしたので、33,000円ー(手数料:33,000×0,095=3,135円)=29,865円と表示されています。

 

 5:連絡先確認

この後、登録した電話番号にSMSで「電話番号の認証」について連絡があります。そこに記載されたURLをクリックすれば申し込みは完了です。ここまでは、特に不明点などがなければ10〜15分程度で完了します!

 

 6:審査・本人確認

申し込み完了後、申し込み内容についての審査があります。審査の結果は最短30分以内に、登録したメールアドレス宛に届きます。

書類審査完了メールに記載されたURLをクリックして、公的身分証明証をアップロードします。

公的身分証明証は「運転免許証」「マイナンバーカード」「顔写真付きの住基カード」の中から選ぶことができます。

 

※フォームに入力した氏名や住所等の情報と、公的身分証明証に記載された情報が一致することが必須条件となります。

 

 7:入金・弁済

登録した公的身分証明証等の確認が完了すると、登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。


<メールの文面>

お申し込みの取引が承認されました。

請求金額: ●●円

支払予定日: ●月●日

お取引先: ●●株式会社

まもなく、ご指定の銀行口座に●●円をお振込みします。(振込手数料が別途引かれます)


そして、最後のステップです。GMOフリーランスファクタリングは以下のような仕組みになっていますので、下図の「5」にあたる「弁済」を行えば終了です!

請求書に記載してあった支払い期日の翌営業日までに、今回の利用額を指定された口座にお振込ください。振込先口座や金額・期日などは最終審査完了時に送られてくるメールで通知されます。

これですべて完了です!

ファクタリングサービスを初めて利用する人でも、悩むことなくスムーズにご利用いただけるのではないでしょうか。ぜひ、キャッシュフロー改善のためにもGMOフリーランスファクタリングをご利用ください。

 

【いますぐ申し込みをする】